« 【花】ユーバーシュナイデント | トップページ | 経済復興にちょびっと協力 »

2011/03/26

キャンセル多発と放射線騒ぎのこと

地震以来、予約のキャンセルが相次いでいます。

滋賀からも被災地に支援に行かれている警察官や消防士の抜けた穴を補うために、休みなく勤務に当たられている方、関東東北での製造がままならないので、その分を関西で増産することになった対応をされている方、そしてそんな頑張っているお父さんに子供を見てもらえず、自分の時間を持てないお母さん…などなど。

皆さん、お疲れ様です。
一日も早く、通常勤務に戻れる日が来ることをお祈りしています

そんなこんなで、今なら当日予約でも大丈夫かもしれません

 

それにしても、原発事故はなかなか終わりが見えませんね…。
放射線やその影響に関する風評被害も深刻だとか。
四国や九州で取れたホウレンソウまで売れないそうです。なんで

私の義母は原爆の被爆者です。
小学校で授業を受けている最中に原爆が投下され、窓の遠くにピカッとまぶしい光が見えたそうです。
でも、78歳の今でも病気ひとつせず元気に生活しています。
少しぐらい放射線浴びても、義母を見る限り大した問題はないみたいです。

「原爆が落とされたあとには100年草も生えない」と言われていたそうですが、実際にはすぐに草は生えてきました。

「放射線は目に見えないから怖い」と言われますが、政府やTVで「影響ない」「大丈夫」と言われているレベルの放射線量で、過度に騒ぐのはやめて欲しいと思います。
みんな、もっと冷静になりましょうよ…。

思わず愚痴っぽくなってしまって、失礼しました

|

« 【花】ユーバーシュナイデント | トップページ | 経済復興にちょびっと協力 »

ニュース」カテゴリの記事