« 選挙カーでの連呼は勘弁して欲しいです | トップページ | 【花】南国のシャワーブーケ »

2009/08/19

腸腰筋(=大腰筋+腸骨筋)の話

久しぶりにお仕事の話をしましょう。

うちに来られる患者さんで、腰痛があるとか腰のあたりを押すと違和感のある方に対しては、仰向けになって頂いてお腹を押させて頂くことがよくあります。

これは、「腸腰筋(=大腰筋+腸骨筋)」という筋肉をゆるめることで、腰や背中をシャンと伸びるようにするのが狙いです。

大腰筋は背骨の下の方から太ももの内側に、腸骨筋は腰骨の内側から太ももの内側についている筋肉で、股関節や腰を曲げる働きがあります。
つまり、この筋肉が緊張していると、腰が曲がった状態、股関節が曲がった状態になってしまいます。

怖いですね~

大腰筋をしっかり鍛えてあげて、左右の緊張のバランスを保つことは、『寝たきり防止』『ダイエット』『メタボリックシンドローム』に対してもとても重要です。

今はやりの「骨盤回しダイエット」や「キンチョールのCMの『そんなこと、どうでもいいじゃない』の女性」も、この大腰筋を鍛える運動をされています。
また、テレビショッピングで時々見かけるステップ運動の器具も、この大腰筋を鍛えるための器具です。

あなたもちょっと大腰筋を意識してみませんか

ちなみに…
腸腰筋は腸の奥にある筋肉なので、腸腰筋をゆるめる施術を受けると腸にも刺激が届くため、「便秘解消にもなるんです~」と喜んで下さる患者さんもおられますよ

 

今日の筋肉くんの覚え書き

大腰筋 
【起始】浅頭:第12胸椎~第4腰椎までの椎体および肋骨突起
    深頭:全腰椎の肋骨突起
【停止】大腿骨(小転子) 
【支配神経】腰神経叢及び大腿神経
【主な機能】股関節の屈曲(わずかに外旋)、脊柱の屈曲 
【一口メモ】
大腰筋は、大腿直筋と共に股関節を屈曲します。また、筋の走行から僅かに外旋する働きもします。
腰痛や他の筋骨格系の疾患に対しても、大腰筋の強化は効果を発揮します。
大腰筋は、姿勢を正しく保つためにも大変重要な筋肉なので、左右均等に鍛えて柔軟性を保つことが大切です。

  
腸骨筋 
起始】腸骨(腸骨窩) 
【停止】大腿骨(小転子) 
【支配神経】大腿神経(L2~L4)
【主な機能】股関節の屈曲(わずかに外旋)、脊柱の屈曲 
【一口メモ】
腸骨筋は、大腰筋と共に股関節の屈曲と僅かな外旋、そして大切な姿勢維持の仕事をしています。
座位で足を持ち上げたり、股関節を固定した時は上体を起こしたりします。

|

« 選挙カーでの連呼は勘弁して欲しいです | トップページ | 【花】南国のシャワーブーケ »

あん摩マッサージ指圧」カテゴリの記事

筋肉」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 腸腰筋(=大腰筋+腸骨筋)の話:

« 選挙カーでの連呼は勘弁して欲しいです | トップページ | 【花】南国のシャワーブーケ »